【世界の最新トレンド情報】男性が27,000円かけておもてなし⁉️ロンドンのバレンタイン最新事情。

 エスダムスメディアJAPANでは、世界各国に駐在しているエスダムス海外特派員より届いた、まだ日本では知られていないリアルなローカルニュースを配信していきます。新しい年を迎えて1番最初にやってくる特別な日が、バレンタインデーです。今回は、海外のバレンタイン文化に触れつつ、2022年ロンドンのバレンタインフードをご紹介します。

  • http://イギリス特派員 キャリーさん
  • ・日本と何が違う!?イギリスのバレンタイン
     日本とイギリスのバレンタイン文化が少し違うことをみなさんはご存知ですか?
     日本では、女性が好きな人にチョコを渡す【本命チョコ】や、女性同士でチョコを交換する【友チョコ】、また女性が周囲の男性に対し、日頃の感謝の気持ちを込めて渡す【義理チョコ】などが一般的なバレンタインの習慣として知られています。そして3月14日は、男性が女性にお返しをする日ホワイトデーがあります。
     そもそも、イギリスにはホワイトデーという日はありません。これは私が渡英して衝撃を受けた1つでもあります。バレンタインデーとホワイトデーは2つで1つ、セットであると思い込んでいたので、まさかの事実に驚きました。
     では、バレンタインだけが存在するイギリスでは、みんなどのように過ごしているのでしょうか。
     カップル同士でギフトの交換やディナーを楽しんだり、ショートトリップやスパへ出かけたりすることが多いようです。ギフトに選ばれるものは日本と似ていて、チョコレートや赤いバラ、テディーベアなどが一般的です。
     あるイギリスの友人はこう言っていました。バレンタイン当日は、彼女のために朝ごはんを作って、ベッドで食べながらラブレターを渡す。そして赤いジュエリーやランジェリーを渡す。夜は、バレンタインのためにハートとバラでデコレーションされたレストレランでディナーをする。この日はロマンティックな日を一緒に過ごすために、男性が女性よりもたくさん努力をするらしいのです。日本のバレンタインとは正反対ではないでしょうか。
     そんなイギリスでは、1人あたりおおよそ£175(約27,400円/National retail federation,NRFより)をバレンタインのギフトやメッセージカードに費やしており、大きなイベントとしてたくさんの人がお祝いします。1年で最もロマンティックな日を過ごす人も多いでしょう。また、ロンドンでは多くのお店やレストランが、バレンタインのために特別なメニューを出しているので紹介していきます。(1£=156.36円、2022年2月14日現在)

    ・バレンタイン✕️マシュマロ。マシュマロがハートの形になって登場。バレンタイン限定。チョコレート専門店が販売中

     チョコレート専門店のKnoops Chocolate が、期間限定で販売しているのが、ハート型のマシュマロです。このお店は、イングランドのイースト・サセックス州にある小さな田舎町のライという場所で2013年に初めて誕生しました。今ではイギリス国内に7店舗を展開しており、その内3店舗がロンドン市内にあります。
     毎年バレンタインの季節になると、普段販売しているマシュマロがハートの形になって登場します。またチョコレートとハート型のマシュマロがセットになった可愛らしいギフトも期間限定で販売されています。

     

     

     

     

     

     

     私は今回ロンドンのケンジントンにある店舗へ行きました。20種類以上のチョコレートがあり、私は初めてだったので、店員さんに自分の好みを伝えて、おすすめしてもらった54%のホットチョコレートと、ハート型のマシュマロをオーダーしました。値段は£5.4(約840円)、チョコレートの種類によって値段が多少前後するようです。 

     

     

     

     

     

     

     マシュマロをホットチョコレートにディップするもよし、ホットチョコレートの中に浮かべるのもよし。ホットチョコレートの中へ入れた後は、トロトロの甘いマシュマロを楽しむことができるし、マシュマロが完全に溶けた後は、ほんのり甘いホットチョコレートへと変身。いろいろな楽しみ方ができます。

     こちらの店舗では、バレンタイン前でも平日には15個程度、休日はそれ以上のハート型マシュマロが売れているそうです。

    所在地: 80 Kensington Church Ct, London W8 4SG
    営業時間: 7:00~21:00(平日)、10:00~20:00(休日)

     

     

     

    ・バレンタイン✕ハンバーガー。牛のheartを使った真っ黒なバーガー。ブラックハートバーガーの正体は!?
     

     ロンドンのハンバーガー屋 TOMMI’S Barger Jointが、精肉店HG Walterとコラボをしてバレンタインのために特別なバーガーを生み出しました。

     ブラックハートバーガーは、牛のheart部分が使われたジューシーで肉厚なパティに、レッドオニオンやとろけるチーズ、ベアルネーズソースをかけ、真っ黒な炭のバンズではさみます。
     バレンタインをイメージする赤いカラーや可愛いデザインとは少し違う視点から、このお店の雰囲気にマッチする、このお店らしいバレンタインメニューだと感じました。

     

     

     

     

     

     

     

     私がオーダーしたのは、ブラックハートバーガー、ポテト、コーラのセットです。値段は£16(約2,500円)。
     ブラックハートバーガーは1日数個ほど売れているそうで、お店には5、6組のお客さんがいましたが、みなさん自分のお気に入りのバーガーを楽しんでいる様子でした。

     

     

     

     

     

     

    所在地:30 Thayer St, London W1U 2QP
    営業時間:11:30~22:30(月〜土)、12:00~21:30(日)

     

     

     

     

     

     

     

     

    ・バレンタイン✕ケーキ。ロンドンで大人気のパン屋が、可愛いらしいハート型のケーキを販売中!

     PAULというロンドンで人気なパン屋さんが今年も可愛らしいバレンタインケーキを販売しています。
     ハート型のケーキは全部で4種類あり、イチゴ/チェリー/フォレノワール /チョコレートムースです。イチゴのケーキは一番人気のようで、私がお店に訪れた時はすでに売り切れていました。店員さんおすすめの、チョコレートムースとチェリーのケーキを購入しました。値段は2つで£10(約1,560円)です。

     

     

     

     

     

     チョコレートムースのケーキは、リッチなチョコレートの味わいに加え、サクサクしたナッツが入っていてとてもおいしかったです。チェリーのケーキは、バニラのスポンジにチェリージャムやドライベリーが加わり、また違った甘さを楽しむことができました。

     

     

     

     

     

     

     

    ・バレンタイン✕ピザ。バレンタイン2日間だけの限定販売。全て手作り、レアなハート型のピザ!

     Yard Sale Pizzaは、毎年バレンタインの2月13日と14日のたった2日間だけ、このハートの形をしたピザを販売しています。
     このお店は7年前にロンドンにオープンて以来、NYのピザ職人Frank Pinelloや、有名なミュージシャンLoyle Carner、伝説なケバブ店Mangal Ⅱとコラボをし、素晴らしいピザを誕生させています。2017年には、Observer Food Monthly Awardsで「London’s Best Cheap Eat」を受賞。このようなコラボやイベントを通じて、多くのチャリティーへ寄付をしたり、パンデミックの際は8,000人以上のNHSスタッフ(医療従事者)へ食事を提供したそうです。ピザの生地からピザを家まで届けるところまで、決して第三者を介さず、全てこのお店が手作業でやっている、地元に愛されているお店です。

     

     

     バレンタインピザの種類は、マルゲリータ£9(約1,400円)とペパロニピザ£12(約1,880円)の2種類があります。

     

     

     

     

     

     

    ・バレンタイン✕カクテル。ロンドンにオープンして間もない大人気なカクテルBarのチョコレートカクテル!

     最後にご紹介するのは、数ヶ月前にロンドンにオープンしたばかりの、チョコレートカクテル専門店のBarです。The Chocolate cocktail Clubはチケット制のお店で、週末は全てのチケットが完売するほど今注目されているお店です。私が訪れた日の前の週末は1日で160人以上のお客さんが来店したそうです。

     

     このお店がバレンタインのためにつくったオリジナルカクテルは全部で3種類。
    ・Shamazing Strawberry(イチゴとホワイトチョコレートのウォッカ)
    ・A Chocotini (チョコレートのウォッカ)
    ・A Rose and Raspberry Chocolate Gin Spritz(ローズとラズベリーのジントニック)

     

     

     

     

     

     

     今回私はスタッフ一番お気に入りのチョコレートのウォッカと、私が好きなローズラズベリーのジントニックを注文。そしてこれらのカクテルに合うとおすすめしてもらったワッフルをもらいました。

     チョコレートのウォッカは、グラスの周りにチョコレートがコーティングされ、最後にキュートなメッセージがのせられます。チョコレートの甘さとウォッカが絶妙にマッチし、スイーツなカクテルを楽しむことができます。
     ローズラズベリーのジントニックは、ホワイトカカオが入っており、可愛らしい見た目とフレッシュな味わいを体験することができます。
     スタッフの方はみなさん親切でフレンドリーな方ばかりなので、カクテルはもちろん楽しい時間をこのお店で過ごすことができると思います。地元の方から旅行客まで幅広いお客さんが訪れているそうなので、ロンドンへ来られた際は、ぜひ訪れて欲しいお店の1つです。

     

     

    所在地:72 St John St, London EC1M 4DT
    営業時間:13:00~18:00(火)、13:00~21:00(水)、13:00~22:30(木〜土)
    定休日:日、月

     

     

     

     

     

     

     

     

     この他にも、多くのお店がバレンタインのために特別なメニューを準備していますが、バレンタイデーの前後は、すでに予約で満席のお店が多かったです。
     みなさんは今年どのようなバレンタインデーを過ごしますか?素敵なバレンタインデーをお過ごしください。Happy Valentine!

     

    ■ライタープロフィール


    Carrie(キャリー)
    ロンドン在住の26歳。貿易会社を経営する傍ら現地在住ライターとしてイギリス発祥やイギリスに初登場したお店、SNSで人気の商品や現地で話題のものなどをタイムリーに発信中。「旅行が難しいこんな世の中ですが、少しでも現地の雰囲気がみなさんに届けられると嬉しいです。読んで、見て、訪れて、楽しい時間を一緒に過ごしましょう。」

     

    関連URL

    PAGE TOP